副業バンクはコチラ

仮想通貨の始め方って?!分かりやすくご紹介します!

仮想通貨をやってみたいけど始め方が分からない…という方のために、仮想通貨の始め方を詳しくご説明してみたいと思います。

仮想通貨の始め方はいたって簡単で、ネット環境さえあれば、気軽に始めることが可能です。

ぜひ、仮想通貨にチャレンジしてみたい方は最後まで読んでみてくださいね!

仮想通貨とは?

そもそも、仮想通貨とはネット上で使用できる通貨のことで実際に存在しないものの、送金やキャッシュレス決済などで使用できるのが特徴です。

さらに、仮想通貨は金融庁でも資金決済法で認められており、暗号資産、暗号通貨と呼んだりします

さまざまな国が使用している法定通貨に代わる通貨として、将来が期待されている通貨です。

https://virtual-currency-bank.com/wp-content/uploads/2019/11/tama.png
たま

仮想通貨の将来性は期待されていて、今後法定通貨に代わる通貨って言われているなんて知らなかったよ!

仮想通貨の種類

そんな仮想通貨の中でももっとも有名なのがビットコイン。

みなさんもビットコインという名前くらいはご存知のはずです。

ビットコインはある正体不明の人の論文により生まれた仮想通貨と言われており、多くの取引所で取引されている主力の仮想通貨です。

いっぽうで、アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨全般を指します。

たとえば、イーサリアムやリップルなどがアルトコインですね。

このアルトコインは数え切れないほどの種類があり、それぞれに特徴や強みがあり、ビットコインと同様、今後成長が期待されるため取引を行う人が増えています。

仮想通貨の始め方

では、具体的に仮想通貨の始め方についてみていきましょう。

取引所を選ぶ

まず、仮想通貨を取引するには取引所を選ぶ必要があります

もちろん、セキュリティ対策がしっかりと行われているところを選びましょう。

その理由は以前仮想通貨が流出するなどのトラブルがあったからです。

最も知られているのがコインチェックと言われる取引所から莫大な仮想通貨が流出した事件で、世間を騒がせました。

https://virtual-currency-bank.com/wp-content/uploads/2019/11/7310f854849aae4c392532dac1b75de4.jpg
神様

そんなトラブルに巻き込まれないよう、セキュリティ対策が万全な取引所を選ぶようにしような

また、手数料が安い取引所を選ぶようにしましょう

仮想通貨を取引する際、銀行のように手数料がかかってきます。

ただ、手数料無料のところやキャッシュバックがある取引所もあるため、手数料の安さで取引所を選びたいものです。

取引の回数が少なければ気になりませんが、多ければ多いほど手数料がかさんできます。

また、取引所に登録するのに1つではなく、複数のところに登録することをおすすめします。

その理由は使用している取引所がハッキングに合ってしまったり、サーバーがダウンした場合でもいくつかの取引所に登録しておけば、安心だからです。

さらに、仮想通貨は値動きが大きく売買のタイミングが多いため、取引を安全に行う以外にもできるだけチャンスを逃さないよう取引所はいくつか登録しておくほうが無難です。

取引所に登録する

どの取引所に登録するか決まったら、メールアドレスで登録します。

取引所へ登録し口座を開設するにはメールアドレスと本人確認書類の提出が必要で、登録だけならメールアドレスだけでいいですが、実際に口座を開設し取引を始めるには免許証などを提出しなければなりません。

なお、本人確認書類を提出すれば、数日程度で取引所からはがきがくるため、それを受け取り口座開設をすれば、取引が開始できます

なお、取引所によっては本人確認書類の他に顔写真が必要な場合もあるため、ホームページなどで確認しておきましょう。

入金する

口座が開設できたら、日本円を入金します。

それぞれの取引所には画面に入金というメニューがあるはずですので、そこから入金します。

入金の方法としてはクレジットカードや銀行振込、コンビニ振込などがあるので、好きな方法を選びましょう。

あとは好きな仮想通貨を選び購入すればいいだけです。

入金したら、好きな通貨を購入しますが、購入方法は2つあります。

それは販売所で買う方法と取引所で買う方法です。

まず、販売所で買う方法ですが、初心者にはこちらがおすすめで、仮想通貨を買う方法はいたってシンプル

仮想通貨の価格が書かれており、好きな数だけ買うことができます。

つまり、ネットで買い物するのと同じでお金さえ払えば誰でも仮想通貨が購入できます。

なお、わが国で仮想通貨を販売しているところはビットフライヤーやザイフ、コインチェック、GMOコインなどがあります。

このうちザイフやビットフライヤー、コインチェックは取引所がメインとなっており販売所もあるというのが特徴です。

GMOコインは販売所がメインとなっており、取引所にもなるのが特徴です。

一番使いやすいのはGMOコインなので、どれにすればいいか分からないならGMOコインを選ぶと言いでしょう。

いっぽうで、取引所で買う方法ですが、売買板を見ますがこれは掲示板のようなもので売りたい人買いたい人が書き込んでいるところです。

たとえば、売りたい人が1ビットコインを100万円で売りたいとか、90万円で売りたいとか買かれているかと思います。

https://virtual-currency-bank.com/wp-content/uploads/2019/11/7310f854849aae4c392532dac1b75de4.jpg
神様

当然のことだけど誰でも一番安い価格で買いたいよな

そのたため、すぐに売り切れてしまうのでそれより高い価格で買うことになります。

いわゆる成り行きで注文するというもので、最も安い価格で買うという方法です。

この方法は楽なのですが、成行注文を入れたとたん最安値が変わるということがよくあります。

そのため、自分が思う価格で買うためには指値注文を入れなければなりません

指値注文とは自分が決めた価格で売買するもので、たとえば80円でないと購入しないと注文しておくわけです。

すると、80万円の価格が出ない限り注文が成立しないことになります。

それでも80万円になるまで待つのも手ですが、その日のうちに注文が成立せず次の日にさらに値上がりしたり、その次の日にも値上がりしてしまい、結局1ヶ月後150万円にまで値上がりしていた…なんてこともあるでしょう。

つまり、指値で注文するとタイミングを図るのが非常に難しいので、仮想通貨を買う時は販売所で購入するか、取引所で成り行きで注文を入れるかいずれかを選ぶといいでしょう。

https://virtual-currency-bank.com/wp-content/uploads/2019/11/7310f854849aae4c392532dac1b75de4.jpg
神様

もちろん、結果的にどちらの方が安く買えるかは分からないが、仮想通貨を始めたばかりの頃は取引所で決まった価格で買う方が無難だな

仮想通貨の取引の種類

さて、仮想通貨の始め方をご説明したところで、仮想通貨の取引には2つの種類があることについてもお教えしましょう。

現物取引

仮想通貨の現物取引とは保有している資金内での取引となり、たとえば10,000円の日本円を持っている場合だとその金額以内で仮想通貨を買うことが可能です。

ちなみに、仮想通貨は実体がないので現物であることを感じにくいですが、現物で購入した仮想通貨は何かを買ったり、送金したりすることが可能です。

レバレッジ取引

いっぽうで、レバレッジ取引ですが、これは口座にあるお金を証拠金としてその何倍もの仮想通貨を取引する方法で、5倍のレバレッジなら証拠金が10,000円の5倍である50,000円の取引が可能です。

https://virtual-currency-bank.com/wp-content/uploads/2019/11/tama.png
たま

レバレッジ取引って持っているお金の何倍も取引できるんだね!

まとめ

仮想通貨の始め方について、仮想通貨の取引の種類などについても詳しくご説明しました。

仮想通貨の始め方って難しそう…とお考えの方も多いでしょうが、実際はそんなことはありません。

ぜひ、この機会に仮想通貨を始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です